「AddQuicktag」の設定方法・アドセンス広告を簡単に配置できる様にする方法 

2019年6月5日

どうも、ぽん助です。

 

「AddQuicktag」プラグインの設定方法の説明をします。

 

使い方の例として、このプラグインを使ってアドセンス広告を簡単に、どこでも配置できる様にする方法を説明します。

 

AddQuicktag

AddQuicktagとは

タグ付け作業等に役立つ作業効率特化した便利なプラグインです。アフィリエイトなどの記事作成や、直ぐに配置するなど、効率を求めるならおすすめです。

 

アドセンス広告を自分の思い通りの位置に、配置するのにも便利なプラグインです。

 

インストール

「ダッシュボード」➡「プラグイン」➡「新規追加」➡「AddQuicktag」➡「インストール」をクリック➡「有効化」

 

設定方法

1、ボタンのラベル、ダッシュアイコン ラベル名

・ボタン名:ボタン名ですから、ご自分が判り易く、覚えておける名前が良いと思います。

 

・ダッシュアイコン:ボタン名の頭にアイコン画像を付けて、区別する時に、もっと判り易くするのに有効です。使わなくなると忘れてしまいますからね。

 

・ラベル名:マウスのポインターを、重ねた時に出てくる文字です。

 

 

2、開始タグ、終了タグ

タグとは、と言う話をすると初めての方は、このプラグインを使わなくなりますが、簡単に説明します。

 

この記事のソースコード

開始タグ:

<b></b>

終了タグ:

</b>

上記画像はこの記事のソースコードです。

開始タグ<b>太文字</b>、終了タグ</b>:のように、設定すれば、面倒な打ち込みは、効率良く作業が進められます。

 

 

3、アクセスキー、順番

 

・順番:これは沢山の設定をした場合、表示される順番を入れて管理すると良いと思います。

4、ボタンの使用する所を指定する。

基本全部付けても構いませんが、使用する所:ビジュアルエディター・ post・pageの3カ所に✅しましょう。

 

サンプル設定

「太文字」上記設定のサンプル:WordPress

 

なんか、この説目だけ見てても面倒ですよね。

まずは、このプラグインに慣れる事だと思います。簡単な使い方から始めるのが一番だと思います。

 

こんな使い方が便利かもしれない

使う頻度が多い文字があるとします。(結構長文で、同じ文章などを、度々入れる文章がある場合)毎回同じ文字を打つのも面倒な事です。そこでこのプラグインに設定しておけば、作業がし易くなりますので、作業効率がアップします。

 

下の方でも紹介しますが、記事内にGoogleアドセンス広告やASP広告なども、設定しておけば、好きな位置に、素早く配置できます。

 

アドセンス広告を設置 設定方法

ボタン名:判り易く広告名でも入れれば良いと思います。

開始タグ:アドセンス広告コードを全部ここの枠に、貼り付けます。

使用する所:ビジュアルエディター・ post・pageに✅しましょう。

「変更を保存」をクリックして完了です。

 

 

AddQuicktag使い方

AddQuicktagプラグインをインストールすると、記事作成のエディターには「Qulcktags」が追加されます。

クリックし階層されます。

見本ですが、アドセンス広告を設定してありますので、選択します。

表示されます。

これを確認してみます。

 

これで完了になりますので、好きな位置にアドセンス広告を貼り付けられます。

 

-プラグイン
-,

© 2020 副業ブログ運営