【修正のやり方】「要注意 - ads.txt ファイルが含まれていない-」エックスサーバー編

2019年6月11日

どうも、ぽん助です

 

これがGoogleアドセンスサイトに出ているなら、早急に対策しましょう。

「収益化出来ませんよ~!」ってサインです!

例:1

例:2

 

googleアドセンス広告を開くと画面上に、警告みたいに出てる方も居るとおもいます。僕も出てました数日考えてましたが、これ解決しないとまずいかなと思い調べて解決してみましたので、その解決さくを説明します。

 

「要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」

ヘルプを押すと、広告管理者であることを「ads.txt で認定販売者を宣言する」とあります。

 

このままだと広告の管理者としては、紐付けされてないという事を意味してるようです。

 

この問題を修正するには、google.com, pub-0000000000000000, DIRECT,省略

簡単に説明しますが、00000の部分に自分の管理IDを入れて、ファイルtxtを作って、サーバーにファイルをアップロードしろって訳です。

 

エックスサーバーの契約をされてる方向けの、GoogleAdSense(アドセンス)「ads.txt」の修正の方法手順を説明します。

ads,txtファイル作成

AdSense 向けの ads.txt を作成する

Google を自サイトの広告枠の認定販売者として宣言する場合、次のように ads.txt を作成します。

テキスト ファイル(.txt)を作成します。

ファイル内に次の 1 行を含めます。

「google.com, pub-0000000000000000, DIRECT,省略〜」

この様に問題の解決方法をGoogleにも記載がされてます。

次にアドセンスサイトにて「アカウント」の歯車マークをクリックして確認します。

 

サイト運営者IDのところ、上記の数字部分をメモ帳にコピー&ペーストできる状態にしておきます。

 

お使いのPCで使うアプリ

MACは「テキストエディット」など

Windows10は「メモ帳」など

 

pub-00000000000000000, ⬅この0をすべて消して、自分のgoogleアドセンス広告の「サイト運営者ID番号」を入れれば良いのです。

 

 エックスサーバー設定

エックスサーバーでは

  1. 「サーバーパネル」からの設定するやり方
  2. 「ファイルマネージャー」 からの設定するやり方

*ads.txt設定のやり方は2通りの方法がありますが、どちらも同じことです。

 

サーバーパネルからのads.txt設定方法

サーバーパネルからの設定方法


  • step.1

  • 「サーバーパネル」にログインします。

    ホームページ欄の「ads.txt設定」をクリックして該当のドメインを選択します。


  • step.2

    • 広告システム:「google.com」と入力します。
    • サイト運営者ID:「pub-〇〇〇〇〇〇〇〇」すべてを貼り付けます。
    • 認証機関ID;「f08c47fec0942fa0」を入力します。
    • 「確認画面へ進む」をクリックして設定を完了させます。


  • step.3

  • 「.htaccess編集」をクリックして該当のドメインを選択します。

  • step.4

    1. 下記のコードをコピーして、「#BEGIN 省略〜」がある行の上に貼り付けます。

    <Files ads.txt>
    AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
    </Files>


まずはこちらでエラーチェックして下さい。

ads.txt管理チェックサイト

エラーが発生してると、ドメインを検査すると上記にエラーメッセージが表示されます

問題が発生してなければ、ドメインの上にエラーメッセージが表示されずに、下に緑色で○が表示されます。

 

もしもサーバーパネルから上手く行かない場合は、「ファイルマネージャー」からログインされて「ads.txt」設定をお試し下さい。

 

「ファイルマネージャー」からの設定方法

 


  • step.1

  • エックスサーバーにて「ads.txt」をサーバー内で作成する方法です。

    「エックスサーバー」➡「ファイルマネージャー」にログインします。(サーバーパネルのIDとパスワードでログイン出来ます。)


  • step.2

    googleアドセンスの利用してるサイトをクリックします。


  • step.3

  • 「public_html」クリックします。


  • step.3

    画像の様に、「ファイル作成」左の空欄に「ads.txt]を入力します。

    「ファイル名の文字コード」を「UTF-8」を選択します。

    「ファイル作成」をクリックします。


  • step.4

  • 「ads.txt]が作成されたのが確認できます。中身が無い状態で、✅を入れて「編集」をクリックします。


  • step.5

    メモ帳にコピーしておいたコードを貼り付けます。

    「保存文字コード」を「UTF-8」を選択します。

    「保存する」をクリックします。

    google.com, pub-0000000000000000, DIRECT,省略

    これで大丈夫か確認をします。


  • step.6

  • エラーがでるかもしれませんので、その時は修正してください。

    エラーの対策は下記で説明します。

    まずはこちらでエラーチェックして下さい。

    ads.txt管理チェックサイト


  • step.7

    「https:サイトドメイン/ads.txt」を入れてチェックします。

    画面上にエラーが出た場合、再度エックスサーバーにて修正します。

    ちなみに毎回、僕はエラーが出てます。


  • step.8

  • 再度エックスサーバーの「フィルマネージャー」にログインします。

    ドメインをクリックします。

    「public_html」クリックします。

    「.htaccess」✅を入れて、「編集」をクリックします。


  • step.9

    一番上にコードを貼り付けます。

    下記のコードをすべてコピーします。

    <Files ads.txt>
    AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
    </Files>


  • step.10

  • コードを貼り付けます(保存文字コードはそのままで大丈夫です)「保存」をクリックして完了です。

    再度「ads.txt」チェックサイトの確認して下さい。

    複数サイト運営する場合も、この作業を繰り返し行ってください。


 

最後

設定完了後に、チェックサイトにて「https://サイトドメイン./ads.txt」を入れて確認して見てください。

googleアドセンス広告の警告メッセージは、数時間~数日経てば消えます。僕は数時間でした。

追記:2020-07-17実際に試したので記載しておきます。

修正で警告メッセージが消えたのは36時間後でした。

 

こちらはナビ専用のボタンです。

ブログの始め方ナビゲーション

-ブログの始め方
-, ,

© 2020 副業ブログ運営