WordPressバックアッププラグイン「UpdraftPlus - Backup/Restore」設定方法

2020年4月30日

UpdraftPlus

ぽん助です

 

UpdraftPlus - Backup/Restore」プラグインはバックアップしてくれるものです。

 

他にもありますが、僕が、他にも使っていたバックアッププラグインで「BackWPup」もありましたが、「UpdraftPlus 」プラグインの方が少し安心して使えるので紹介しなが説明したいと思います。

 

最初に説明しておきますと、このプラグインのメリットは、バックアップしたファイルを、googleドライブ等ストレージにバックアップ出来る事です。

 

他のバックアップ・プラグインは、サーバーにバックアップする方法がありますが、それは面倒だったりしますが「UpdraftPlus」だと予期せぬ出来事が起こった場合は、復元作業がとても簡単です。

 

UpdraftPlus - Backup/Restore

「UpdraftPlus - Backup/Restore」とは

ブログサイト丸ごと、バックアップ出来るプラグインです。

サーバーにバックアップをしないやり方で、googleドライブなどのクラウドにもバックアップをする事が出来ます。

 

インストール手順

「ダッシュボード」➡「プラグイン」➡「新規追加」➡「UpdraftPlus - Backup/Restore」「インストール」をクリック➡「有効化」

 

 

初期設定

 

プラグインをインストールするして有効にすると、下の画面の様に出ます。

これは設定を押して下さいと説明してますので、クリックします。

 

保存するクラウドを選択します。

ここではgoogleドライブを例にして登録を説明します。

「UpdraftPlus - Backup/Restore」プラグインと「googleドライブ」を紐付けする設定をします。

googleドライブを選択します「設定の変更」をクリックします。

 

 

googleアカウントを選択しますと、下の画像になります。

紐付けすることを許可しますかと、訪ねてますので「許可」をクリックし進みます。

 

 

「セットアップ完了」をクリックして完了になります。

これで紐付け設定は完了になります。

 

 

プラグインの設定画面に戻り、「今すぐバックアップ」をクリックします。

 

「今すぐバックアップ」をクリックします。

 

バックアップ完了になります。バックアップされた日時と内容になります。

 

googleドライブにバックアップ完了です。

 

バックアップは大切です。

予期せぬ出来事から、サイトを守れるのは、最終手段でもあるバックアップしておくしかありません。

 

予期せぬ出来事とは、稀に起こる事とだと思いますが、誰にでも起こり得る事です。

 

もしもの為にも、バックアップしておくことが、安心してブログ運営が出来る事にもなります。

 

-プラグイン
-, ,

© 2020 副業ブログ運営