WordPress必須の「Classic Editor」プラグインの説明

2020年3月3日

Classic Editor
ぽん助です。

 

 

ブロックエディターが使い難いと感じる方は、今回紹介するプラグインClassic Editorをインストールする事をおすすめします。

WordPressプラグインのClassic Editorエディターのインストールと設定方法を説明します。

 

 Classic Editorの解説

Classic Editorは投稿に必須なプラグインと言えます。

ワードプレスの執筆に作業を使いやすくしてくれるプラグインです。

 

これをインストールすれば、「ブロックエディター」と「旧エディター」の切り替えが可能になります。

 

 

ワードプレスのブロックエディターとは「Gutenberg」と言う名称ですが、ある年代からワードプレスのバージョンアップした事で「Gutenberg」となり、それまで使われていたエディターが、Classic Editorタイプエディターなので、旧エディターと言われてます。

 

「ブロックエディターは使いづらい」と評価が悪く、Classic Editorプラグインをインストールする事で、元々ワードプレス使われていたタイプの旧エディターを使うことができます。

 

 インストール手順

 

 

step
1

  1. 「プラグイン」➡「新規追加」をクリックして下さい。
Classic Editor初期設定の説明

 

 

 

step

  1. 検索枠に「Classic Editor」と入れ検索します。
  2. 「インストール」をクリックします。
  3. 「有効」をクリックして下さい。
Classic Editor初期設定の説明

 

 

 Classic Editorの設定

 

step

  1. プラグインから「設定」を開きます
Classic Editor初期設定の説明

 

 

step

  • 設定は、「旧エディター」を選択します。

Classic Editor初期設定の説明

 

 

「Classic Editor」をもっと使いやすくする設定

 

step
1

  1. 「設定」➞「TinyMCE Advanced」を選択します。
Classic Editor初期設定の説明

 

 

 

step

  1. 「Classic Editor」を選択します。
  2. 作業をしやすくする為のアイテムを、下からドラッグ&ドロップで上に移動させます。
  3. 「変更を保存」を最後にクリックして完了になります。
Classic Editor初期設定の説明

 

 

最後に

好みで選択しても構いませんので、Classic Editorが使い難いのであれば、プラグインから削除して下さい。

必要のないプラグインがあるとサイトが重くなったりします。

 

-プラグイン
-, ,

© 2020 副業ブログ運営