WordPress無料テーマのプラグインは14個,初心者もセキュリティ対策

2019年5月5日

Google XML Sitemapsの設定方法

ぽん助です。[/st-kaiwa1

 

 

初心者,無料テーマのプラグインはセキュリティーも大事ですが、始めたばかりだとプラグインは、どれを入れたら良いか分からない、そんな初心者向けの、鉄板プラグインからセキュリティ対策プラグインまでのまとめます。

 

無料テーマー用プラグイン

1,All In One SEO Pack 

SEOとはサーチエンジン最適化

Search Engine Optimisation(サーチエンジンオプティマイゼーション)の頭文字です。

GoogleやYahoo検索結果ページで、サイトが表示される順位を上位表示させるのには必要なプラグイン

SEO対策プラグイン、鉄板とも言えるプラグイン無料テーマには必須プラグインとも言える。

2,Google XML Sitemaps

簡単に説明する、 Googleのサイト情報収集するロボット(クローラー)ロボット用のサイトマップ作成プラグイン

3,PS Auto Sitemap 

訪問者に自分のサイトの記事が全て分かる様に自動でサイトマップを作成するプラグイン

 

このPS Auto Sitemap プラグインを使わずに、自分でサイトマップは、固定ページで作っても良い、その方がサイトの速度は速くなる。このサイトも自分で作ってます。

4,Broken Link Checker

リンク切れを自動チェックしてくれるプラグイン

5,WordPress Ping Optimizer  

投稿公開するとpingを送信してくれるプラグイン

6,WebSub/PubSubHubbub

インデックスされるまでの速度を早くしてくれるプラグイン

7,Akismet Anti-Spam  

記事にコメントを等を自動でスパムコメントを分類してくれるプラグイン

8,TinyMCE Advanced 

ビジュアルエディタを拡張できるプラグイン

9,AddQuicktag  

タグ付け作業等に役立つ作業効率特化した便利なプラグイン

ブログ記事を1日1記事程度なら別に入れなくても良いのかもしれない。

10,EWWW Image Optimizer

自動で画像圧縮・最適化を自動でしてくれるプラグイン

11,「WPForms Lite」

お問い合わせフォーム作成してくれるプラグイン

 

WPForms Liteサイトの速度を早くするならこのプラグイン

12,Easy Table of Contents   

目次を自動作成してくれる便利なプラグイン

注意

Table of Contents Plusはプラグインの更新がされてない事から、こちらのEasy Table of Contentsをお使いください。

Easy Table of Contents

参考記事

 

セキュリティ対策プラグイン

セキュリティ対策なしだと気持ち悪いことが起きる。誰かがログインしようとしたり、最悪サイトごとパクられる出来事などもあるので注意が必要だ。

 

僕も他人からのログインする行為が時々履歴に残っている。

 

1,SiteGuard WP Plugin 

ワードプレスのログインパスワードセキュリティ対策のプラグイン

世の中には変な奴もいるのでセキュリティ対策の為には入れた方が良い。ログイン履歴機能も付いている。

2,Edit Author Slug

セキュリティ対策のプラグイン

管理者(または資格のあるユーザー)にユーザーのID名を分からなくする為のセキュリティ対策プラグイン

必要ないプラグイン

ワードプレスに初めから入ってる必要の無いプラグインは削除しよう。

TypeSquare Webfonts
Hello Dolly

プラグインの数

プラグインが多いとセキュリティが甘くなると言われてる。無料テーマを使うと数が多くなりがちになる平均15前後位だと思う。

有料テーマは、最初からプラグインが入ってるので、プラグイインのインストールは少なくて済むのです。

最初は気にもしないが、入れ過ぎかなと思ったら、有料テーマも検討しよう。

 

-プラグイン
-,

© 2020 副業ブログ運営