当サイトのQR スマホで見る時に便利です。

 

トラックボール・マウス持ち運びたいならこれ1択「エレコム・M-MT2BRSBK・bitra」

ぽん助です。

 

マウスに興味が無い方でも、1度は目にしたことがあるトラックボール マウスは「何か変」といったイメージ。

 

トラックボールと言えば、昔ゲームセンターに置かれてる「ゴルフ・ゲーム」に、ボール球が付いてるイメージしかない僕ですが。

 

トラックボールは特殊な作業に優れたマウスですね。

今では「動画編集・エンジニア」向きと言われており、ゲームには不向きなイメージ

 

果たして僕には「トラックボールマウス」は使いこなせるのか?

 

まずは「エレコム・M-MT2BRSBK」トラックボールマウスの特徴を紹介しておきます。

 

ポイント

  1. 人差し指操作で初めてのトラックボールマウス・初心者でも扱いやすい
  2. 重量:重量は電池込で93gと軽い
  3. サイズ:Sサイズで従来の小型マウスと同じで、ボールは中間の扱いやすい34㍉(個人差あり)
  4. ボタン数:5個
  5. 接続方式:ノマドワークに最適なBluetooth接続
  6. 持ち運び便利な守られてる感ありの専用ケース付き

 

「小さい・軽い」ノマドワークに適したトラックボールマウスと言えます。

 

「トラックボールマウスを初めて購入する初心者が、何故このモバイル向きを選んだのか?」

 

 

持ち運ぶのであれば、自宅でも同じトラックボールマウスで慣れておけば、苦労しないかと考えたわけです。

 

他にも持ち運ぶことを考え選んでおりましたが、エレコム・M-MT2BRSBKの他には、見当たらず結局この1択で購入した次第です。

 

 

「エレコム・M-MT2BRSBK」トラックボールマウスを購入しましたので、詳しくレビューと使用感を紹介します。

 

エレコム トラックボールマウス・M-MT2BRSBK

今回、購入したELECOM(エレコム)トラックボールマウス「M-MT2BRSBK」の詳細を説明しておきます。

 

メーカーエレコム
型番M-MT2BRSBK
対応OSWindows 10、macOS
接続方式Bluetooth 4.0
連続動作時間約47時間
電源単4 アルカリ乾電池×1
ボタン数5個
ボールサイズ34㎜
DPI750/1500カウント(切り替え可能)
重量電池無 83g / 電池込93g
付属専用ケース,単4乾電池,説明書

*重量はメーカー記載83gで間違いありませんでした。

 

つぎに実際の使用感など詳しく紹介しますね。

 

エレコム ・トラックボールマウス「M-MT2BRSBK」使用レビュー

 

【パッケージ・箱】M-MT2BRSBKはモバイルに特化したテレワーク推奨商品です。

M-MT2BRSBK パッケージ 箱

 

 

【付属】「M-MT2BRSBK☓1・説明書☓2・単4アルカリ1本・マウス・持ち運び用付属ケース」

M-MT2BRSBK 付属 

 

 

【正面】

エレコム トラックボールマウスM-MT2BRSBK正面

 

【裏面】

 

実際に初心者がトラックボールマウスを使った感想

 

Q:初心者がトラックボールマウスを使うとどうなる?

個人的には直感で使用できますので問題はありません。

 

Q:マウスのポインター速度設定は必須

初心者がいきなり未設定のままでは、使い難い感じます。

速度MAXは避けましょう。最低速度から試していい感じの設定を試して下さい。

 

Q:ボタンを押し込む指など違和感がある?

使い始めに若干の違和感を感じます。慣れてないため押し込む度に確認することもありました。

 

Q:ボールはクルクル回る?

回り続ける様なことはありません。直ぐ止まる感じです。

 

Q:イメージ通りポインターを動かせる?

従来のマウスは腕や手首を動かすのに対し、指で動かすだけの話です。その為手首の疲れ、痛みなどは緩和できてると思います。

 

 

ボタン機能割当は5つ・文字打ち作業だけなら丁度いい

上位クラスモデルや、他社のトラックボールマウスの平均8つなど多く設定できるものが多くあります。

しかしM-MT2BRSBKでは5つです。

 

少ないと感じる方も多いと思います。

 

個人的な使用例では、文字打ち作業だけの限定ですからコピペができれば良いわけです。

 

逆にこんな方にはおすすめしない!

  • 自宅など作業場所を固定されてる方
  • ノマドワークはやらない
  • 持ち運びは、まずしない

こんな方におすすめのトラックボールマウスはこちら

8つの機能割当が可能な「M-DPT1MRBK」

 

持ち運ぶことをしないなら「M-DPT1MRBK」がおすすめです。

 

若干大きいと感じるので、作業場所は固定する人向き

 

 

電源リチウム電池パック
割当キー数8個
接続方法「有線・USB無線・Bluetooth」の3種
重量162g
DPI500/1000/1500カウント

 

接続方法

 

エレコム トラックボールマウス・M-MT2BRSBKは、「パソコン・スマホ・タブレット」で接続可能です。

確認済み接続機器OS

  • Windows10
  • MAC(Big Sur11.2.3)
  • Android 認識しポインターの操作を確認済み

メーカー記載ではiOSは使用可能です。(IPhone/iPadでも可能)

*お使いの端末では使用不可もある可能性があります。

*iOS:第一世代IPhoneSEでは、Bluetoothの接続設定はできます。ポインターが表示されませんが、スクロールホイールの反応は認識します。

 

 

接続方法

M-MT2BRSBKでは、Bluetoothのみで接続を行います。

接続できない方式

  • 有線
  • USB無線

 

Q:「Bluetoothのみで不安ではないか?」

A:特に遅延なども起こらず不便に感じることも現在はありません。

 

トラックボールマウスの設定

M-MT2BRSBKの設定専用アプリをダウンロードして使います。

 

注意:CD-ROMなどによるユーティリティソフトはありません。

公式サイトからアプリはダウンロードします。

 

説明書マニュアルも公式サイトにあるので全て完結できます。

読み難いと感じたらお試しください。

 

 

ユーティリティアプリの内容

  1. ボタン機能割当
  2. プレゼンテーション機能割当
  3. ジェスチャー機能割当

 

機能割当設定は3つありますが、とりあえず購入したら「ボタン機能割当」設定は行いましょう。

 

使い勝手が格段に違います。

 

キー割当・参考例

ちなみに僕のキー割り当て例を紹介しておきます。

 

トラックボールマウス 設定方法 例キー割り当て例

キー割り当て参考例

  1. 左クリック
  2. ⌘+c
  3. ⌘+v
  4. ダブルクリック
  5. 右クリック

 

あくまでも参考例です。

ご自分の好きなキー割当を設定してみて下さい。

 

DPI

DPIとは、マウスのポインター移動の速度を、マウス本体裏側にあるボタンを押すことで、変更が可能になります。

2段階の調節可能です。

「7501500」のどちらかを設定可能です。

 

電池

お試し用の乾電池が付属されております。

アルカリ単4電池1本を使用すると次を参考にして下さい。

連続使用47時間
連続待機時間208日
想定使用可能日数100日

 

M-MT2BRSBK1の重量

冒頭でもお伝えしてますが、重量に関して持ち運ぶ前提で購入するのであれば、まったく問題はありません。

 

「じゃぁ自宅・会社のみで使用する」という方にはどうか?

 

個人的にはまったく問題ないです。

 

理由:小さすぎて使い難いと感じないからです。

 

付属のケース

 

思いの外しっかりとした専用ケースが付いてきます。

エレコム・トラックボールマウス付属ケース

 

ケース内で「ガタガタ」としないように収まりが良さそうです。

トラックボールマウスを収めた状態

 

しっかりガードされてるので安心感はあります。

収まりが良い作りになってる付属ケース

 

 

 

 

トラックボール・34㎜

トラックボールマウスは、センサーやボールに汚れの付着により動作が不安定になるという話があります。

そのためコマ目に掃除が大事ですね。

 

トラックボールマウス型のボールのサイズには「25㎜・34㎜・44㎜」とある。

M-MT2BRSBKでは34㎜のボールが使われている。

 

使いやすいとか悪いとか、初心者には判断はできない。

しかし、これだけは言える。

 

初めてトラックボールマウスを使ったが、使用困難になる事もなく1日あれば慣れた。

多分、慣れは個人差はあると思うけど、4日もあれば大体慣れると予想できます。

 

ちなみに、ボールは単体でも売られてるので変更可能です。

 

おしゃれなカラーなので皆さんも興味があれば交換するのも良いかも。

 

★ブラック★

★レッド★

★ピンク★

★グリーン★

★イエロー★

 

★エレコム・純正レッド★

まとめ

 

メーカーエレコム
型番M-MT2BRSBK
対応OSWindows 10、macOS
接続方式Bluetooth 4.0
連続動作時間約47時間
電源単4 アルカリ乾電池×1
ボタン数5個
ボールサイズ34㎜
DPI750/1500カウント(切り替え可能)
重量電池無 83g / 電池込93g
付属専用ケース,単4乾電池,説明書

自宅でもノマドワークも、モバイルに特化した「M-MT2BRSBK」がおすすめです。

 

 

作業場固定して、持ち運ばない人向けには「M-DPT1MRBK」をおすすめする。

 

おすすめ関連記事ノマドにおすすめエレコム CAPCIP Bluetooth静音マウス・レビュー

おすすめ関連記事ノートパソコン スタンドおすすめは50gの軽量コンパクト・ノマド向き

-ガジェット
-, ,

© 2021 副業ブログ運営