GIMP文字編集 レイヤーの仕組みと使い方

2020年3月30日

GIMPのレイヤーの使い方
ぽん助です。

 

イラストソフトの定番、フリーソフト「GIMP」の、レイヤーについてを紹介します。

レイヤーの仕組みや、フォントにレイヤーを使い一味違うフォントの作り方を紹介します。

 

画像編集GIMPのみならず、イラスト系ソフトには、レイヤーと言う便利な機能があります。

 

レイヤーのイメージは、「透明な用紙」といった感じです。

この記事は、イラストレター向けではなく、ブログや動画のアイキャッチ画像・サムネイル画像の作成向きの解説になります。

 

レイヤーの説明

イラスト系のソフトに必ずあるレイヤー機能ですが、扱い慣れてないとわりと混乱しますよね。

 

下の画像はレイヤーのイメージ図になります。

レイヤーは透明な用紙のイメージですから、元となる写真(レイヤー)が一番下の階層にあっても、何重にレイヤー(#1〜#4)を挿入しても、一番下にある元絵は透かして見えてる状態になります。

 

最下の元絵に直接フォントを挿入した場合、「後で変更があるかもしれない」と思ったらレイヤーを挿入する方が、失敗も無く作業がやり易くなります。

 

レイヤー名

文字レイヤーと挿入されるレイヤーとは別として表示されるので、#1が2つ表示されますので気をつけましょう。(フォントの場合、Aとマークが表示されるので簡単に見分けがつきます。)

 

下にある画像の「フォントレイヤー#3」が2つ存在してます。

この場合フォントを挿入した位置が関係してます。レイヤー挿入位置などで同じ3ですが、「3と3」という様に、異なる表示に自動生成される事があります。

 

作業がやり難いと感じる場合は、右クリックして一番上にある「レイヤー名の変更」をクリックして名前をわかり易く変更します。

保存について

アイキャッチ画像のファイル形式PNGで保存する場合、レイヤーを1つに統合させなくても上記の画像の状態でも保存が出来ます。

 

レイヤーの確認をする

左側の「目」のマークをクリックして、重なる位置などを確認します。

 

レイヤーの順番を移動変更する

■ 重なる順番の変更方法

  1. 移動させたいレイヤーをマウスで選択します。
  2. 上部から「レイヤー」➞「重なり」➞階層の中から移動項目を選択します。

 

 

 

 レイヤー使ったフォントの編集

レイヤーを使ったフォント編集の応用を紹介します。

立体感ある文字

 

■ 手順

  1. フォントを挿入します。

 

右側にある「レイヤードック」表示を見ます。

今作業されたAマークがあるフォントを右クリックします。

 

ポイントはここ

階層された表示にレイヤーの項目の中に「レイヤーの複製」があります。

 

 

サンプル文字「あいうえお」が複製され2つある状態になります。

画面では上から見た状態なので分からないですが、同じフォント(あいうえお)レイヤーが重なった状態になります。(この2つにレイヤーはどちらも、色・サイズ等、フォント編集が可能な状態にあります)

 

 

複製された表示上にあるAフォントレイヤーを編集します。

 

  1. マウスのカーソルで文字全部を範囲でなぞります。
  2. 文字色を変更します。(下にあるフォント色を暗めの色にすると、上にある色は明る目にすると良い。)

 

  1. フォントサイズを1〜3と好みで「ー」させる
  2. フォントの文字間隔を調整します。
  3. 画面の左側にある「ツールボックス」の中にある「✚」を選択して赤色の文字を上か下にズラします。

 

 

 

レイヤーを使うことで、1色よりも2色にすることで立体感がだせます。

 

 

最後に

GIMPのレイヤーについて紹介しました。

今回の説明はあくまでも使い方の説明ですので、応用してGIMPソフトを使ってみて下さい。

慣れてくると、アイキャッチ画像位でしたら5分〜10分の作業で完成します。

 

GIMPのWindowsの説明ですが、MACでも使うことが出来ます。

MACのインストール方法です

使い方の説明

GIMP ダウンロードと使い方・ 無料画像編集ソフトWindows

続きを見る

 

 

-便利ツール
-, , , ,

© 2020 副業ブログ運営