Rinker「リクエスト回数が多すぎます」問題解決

2020年2月25日

Amazonダンボー
ぽん助です。

 

Amazonや楽天の商品紹介を記事に設置するには、Rinkerはとても簡単で便利なツールだと思ってます。

 

Rinkerの特徴として商品設定・設置がとても簡単です。

商品選択から設置の流れ

  1. 商品を検索
  2. 商品を選ぶ
  3. Rinkerの設定を保存
  4. 商品コードを記事にコピペするだけで完了

ね!簡単ですよね。

 

 

今回はRinkerの詳しい紹介はしません。

公式サイトの紹介と、ブログ初心者さんが最初に悩まれる「リクエスト回数が多すぎます」についてお悩み解決方法を紹介します

 

Rinkerとは

  • Rinker公式サイト設定マニュアル
  • おやこそだて」サイトの「管理者のやよい様」がなんと!無償で使わせてもらえるプラグインです。
  • rinker カスタマイズの方法を紹介されてます。

今回は詳しくはここでは紹介はしません。

リンク先で確認をお願いします。

 

amazonリクエスト回数が多すぎます

 

ブログサイトで、RinkerプラグインでAmazonで商品検索をすると

リクエスト回数が多すぎます」といった赤文字のメッセージが表示されます。

これは、プラグインが使えないのではありません。

 

簡単に説明すると、Amazon側から商品検索をブロックされてる状態です。

解決策

  • Amazonアソシエイトの商品紹介で一つでも商品が購入される事が条件になります。

 

  • 2019年01月23日よりこの条件を変更し、過去30日以内の発送済み売上商品が発生している場合、1日のリクエスト上限を8,640リクエストとし、追加の日次リクエスト可能数の上限を毎日動的に変更する下記仕様といたします。
  • 売上実績の発生がない場合は、PA-APIの利用開始はできません。
    また、発送済み商品売上が過去30日以内に発生していない場合、PA-APIをご利用いただけなくなる恐れがございます。

引用:Amazon

 

30日の間に商品の販売実績がない場合は、「リクエスト回数が多すぎます」とメッセージが発生するという事でしょう。

 

「リクエスト回数が多すぎます」の解決策

  • 楽天で商品を検索します
  • それとは別でAmazonサイトで同じ商品を見つけ、Amazonサイト画面の上に表示されてる「リンク先テキスト」をクリックすることで商品コードが取得できます。
  • コードをRinkerの商品欄枠の「自由URLボタンURL1〜4」いずれかの枠を決めてコードを貼り付けます。(ボタン名も記入し、本来のAmazonURLは削除しておきます。)

 

 

Amazon商品のリンクが正しく反映出来ているか確認

Amazonアソシエイトのログインすると確認出来る「ツール」が用意されてます。

確認方法の手順を説明します。

 

step
1

  1. 商品を紹介の「Amazon」枠の上で右クリックメニューから「リンクのアドレスをコピー」でURLをコピーします。

本文説明画像

 

 

step
2

  1. Amazonアソシエイトにログイン後、画面上記に「ツール」を選択します
  2. 「リンク動作確認ツール」を選択します。

 

本文説明画像

 

 

step
3

  1. 赤枠に、先程の商品URLを貼り付けて「リンクを確認」をクリックします。

本文説明画像

  1. 正しく商品コードが反映されてると緑の文字で「有効」とでます。

本文の説明画像

 

注意:サイト記事のURLを記入しないで下さい

 

合わせてお読み下さい。

Amazonアソシエイトの商品をTwitterで商品紹介する登録方法と注意事項

続きを見る

-便利ツール
-,

© 2020 副業ブログ運営