ネット副業に便利なネットバンク【ジャパンネット銀行】

2020年2月29日

パソコン
ぽん助です。

 

初めてのパソコンを使ってネット副業を始めようとすると、クレジットカードやネット銀行口座が無いと不便に感じる場面が多くあります。

 

クレジットカード払いを選択したくない場合、コンビニ払いや銀行引き落とし等の理由で、一度は外出をしなければなりません。

 

中でも銀行口座払いでおすすめするのが、「ジャパンネット銀行の口座」です。

 

自宅に居ながらインターネットの支払いも可能です。

他にも沢山のサービスに対応が可能です。

 

今回は、インターネット副業に便利なネット銀行口座「ジャパンネット銀行」を紹介します。

 

ネットバンク「ジャパンネット銀行」の紹介

ジャパンネット銀行のサンプルカード

副業やブログ運営にネット銀行が必要とされるシーンで言うと、Googleアドセンス収益の口座登録にはとても便利だと思います。

他にもASPの広告会社との振り込み口座登録など、1枚あると便利なカードがジャパンネット銀行です。

ではカードのセキュリティ面から他のサービスも紹介します。

ジャパンネット銀行

 

ジャパンネット銀行を使う理由「セキュリティの安心」

 

キャッシュレス社会の現代において、セキュリティ面が一番の心配要素でもありますが、ジャパンネット銀行のセキュリティ面は、とりわけ高い方だと言えます。

 

パスワード認証方法に「ワンタイムパスワード」を採用しており、カードとは別に「トークン・ワンタイムパスワード」専用のカードが自宅に届きます。

ジャパンネット銀行のサンプル「トークンカード」

 

 

このカードを使用し、マイページの管理画面にログインする際は、ワンタイムパスワードにて記載されるパスワードを入力する事で、常にパスワードが変更されてる状態なので、第三者にはパスワードは解り難くなります。

 

「毎回ワンタイムパスワードを入力するって面倒」と思う方も多いと思います。

ジャパンネット銀行ではスマホ・アプリでも使用できる。

 

スマホと連携すれば、指紋認証、顔認証などの連携も可能になり「ワンタイムパスワード」を使用しなくてもスマホだけで取引が出来ます。

お使いのスマホのセキュリティ面に不安がある場合は、必ずブラウザー経由でログインする事が安心でしょう。

 

口座開設に必要な条件

ジャパンネット銀行の口座開設条件は、割と簡単に開設が出来ます。

  • 普通口座開設には15歳以上であれば誰でも開設可能です
  • 親権者の同意なども必要な
  • 申し込み時は本人記入が必要

15歳以上なら親の同意もなしでも、簡単に口座が開設が出来るから割と簡単なイメージではありますね。

 

ジャパンネット銀行口座の入出金方法

24時間、コンビニATMで簡単に「お届け入れ・お引き出し」することが簡単にできます。

残高照会やお引き出しについては、申込時に決める「お引き出し専用の4桁暗証番号」を使用する。(ワンタイムパスワードとは別の事です。)

 

入出金可能なATM

  • ゆうちょ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • EnetコンビニATM

 

 

ジャパンネット銀行でもっと安心にショッピング

 

ジャパンネット銀行カードを利用する際には、Visaデビットカードが使えます。

 

Visaデビットカードの使用することのメリット

 

  • ネットショッピングも外出ショッピング
  1. 「デビットカードで支払」➞「直ぐに口座から落とされる」➞「スマホで残高確認も出来る。」

クレジットカードの翌月払いとは違い、即引き落としのシステムで使いすぎを防ぎ、安心してお買い物が出来ます。

 

年会費

  1. 年会費は永久無料で、申し込み費用も掛りません。

 

 

ショッピング・入出金、利用すれば直ぐに登録メールに確認メールが届きます。

 

デビットカードでは、分割払い、リボ払いが不可能ですので、安易な衝動買いなどのショッピングを防ぐ事ができます。

 

公共料金の支払いが可能

 

 

Visaデビットカードを使う良い点は、普段使いのキャッシュレス時代には持っていて便利なカードと言えますよね。

 

現金派の方も、「ATMで現金を引き出してもお釣りを財布に入れる」となりますが、結局、お金を余分に引き出してしまい、無駄が多くなります。

それよりは、Visaデビットカードが1枚あると無駄使いも把握しやすくなります。

 

クレジットカードと違う点

クレジットカードと違う点は、引き落とされる口座の登録は必要ない点です。

そもそもジャパンネット銀行とは銀行口座なのです。

 

クレジットカードの場合

  • クレジットカードと引き落とし銀行口座が紐付けされてる。

ジャパンネット銀行の場合

  • 引き落とし銀行口座の紐付けの必要は要らない。

 

 

新規申し込み特典

ジャパンネット銀行では、新規申し込み者に1,000円キャッシュバックがあります。

2ヶ月以内にジャパンネット銀行でショッピングを3回行う事で、1,000円がキャッシュバックがされます。

このキャンペーンの申し込みは不要ですので、このキャンペーンを知らない方でもショッピングを3回する事で1,000円が自動で振り込まれます。

 

使えるお店

電子マネー払いと同様に使えるお店があります。

レジでかざしてお支払い完了ができます。(一部4桁暗証番号の入力を求められる)

  • ローソン
  • マクドナルド

Visaデビットカード払い可能なお店・ネットショッピングサイト

  • ガソリンスタンド
  • スーパーマーケット
  • アマゾン
  • ヤフーショッピング

一部ご利用出来ないお店もありますので、確認は必要です。

 

入出金チャージのやり取り可能な

  • ヤフオク
  • PayPay
  • LINE pay
  • メルペイ

ジャパンネット銀行のデメリット

ジャパンネット銀行のデメリット

  • 最近ではミニマリストでは無くても、キャッシュレス時代で小さい財布カードは数枚持ちが流行ってますが、トークンカードが1枚増える事で、ジャパンネット銀行を持つ事は+1枚付いてきます。

 

最後に

ネット副業にもとても便利な、ジャパンネット銀行を紹介しました。

セキュリティ面でも安心なカードで、便利に使えてとても利便性が高いカードと言えるでしょう。

 

学生・専業主婦の方でも簡単に申し込みが可能です。

1枚作っておいても損は無いカードです。

ジャパンネット銀行

 

「アマゾン・楽天市場の商品紹介に便利なツール」合わせてお読み下さい。

Rinker「リクエスト回数が多すぎます」問題解決

 

 

-便利ツール
-, ,

© 2020 副業ブログ運営