MacにWindowsをインストールしてみた!【Boot Campアシスタント】まとめ

2020年2月8日

boot camp アシスタント
どうも、ぽん助です

 

MacではWindows10をインストールする事ができます。

MacのOSとWindows10を使い分けて使用する事ができます。

 

Macの起動時に「option」キー長押しで電源を入れる事で、「Mac」か「Windows」の選択が可能なんです。

なんて素晴らしい機能でしょうね。

 

始めて知る方の疑問はこんな事を思いませんか?

  1. お金が掛かったりしないの?
  2. 難しい?

と言った感じに思いませんか?

意外と簡単ですが、この作業をするのに1時間30〜2時間位は掛かりました。

 

Windows10のインストールは無料で出来ますが、お金が発生する事も頭に入れて下さい。

お金が発生するのは、Windows10の「認証プロダクトキー」だけです。

意外と高いのですよね。

 

参考:マイクロソフトでダウンロード購入できる認証プロダクトキー価格です。

 

  1. Windows10 Pro: 28,380円
  2. Windows10 HOME:19,360円

参考元、マイクロソフトサイトはこちらから移動できます。

引用:マイクロソフト

 

 

                       【朗報】諦めるのは早い!

こんな方は無料でアップグレードできる。

引用:マイクロソフト

家に古いパソコンがありませんか?

OS:Windows7、Windows8,1 本体裏側や側面などに認証プロダクトキーがあれば、その認証プロダクトキーで無償でWindows10・Pro/Home問わず、どちらでも選んで認証可能になります。

 

今回は、Boot Campアシスタントを使いWindows10のインストール方法から、アンインストールの方法まで、まとめて説明します。

 

MacでWindowsを使う

 

最初に用意する物を紹介します。

必要な物

  • インターネット環境(ブロードバンド)
  • Windows10:認証プロダクトキー(基本有料)
  • Mac:Boot Camp可能なモデル(インストール環境)
  • 古いモデルによっては外部USBメモリー16GB以上が必要になります。(最新モデル等は必要ない)

インストール環境

  1. Macのハードディスクの空きが64GB以上ですが、Appleでは128GBの空きの容量があれば快適に作業が行えると推奨してます。

認証プロダクトキーの購入注意点

冒頭でも簡単に話しましたが、購入時の注意点だけ説明します。

  1. インストール時の選択で、Windows10Proを選択した場合、認証プロダクトキーは「Pro」専用が必要となります。Windows10Homeのプロダクトキーは使えません
  2. 自宅の使わないパソコンにある認証プロダクトキー、OS・Windows7、Windows8,1 本体裏側や側面などに認証プロダクトキーがあれば、その認証プロダクトキーで無償でWindows10・Pro/Home問わず、どちらでも選んで認証可能になります。

 

Boot CampでWindows10インストール可能なモデル

  • MacBook (2015 年以降に発売)
  • MacBook Air (2012 年以降)
  • MacBook Pro (2012 年以降に発売)
  • Mac mini (2012 年以降に発売)
  • iMac (2012 年以降に発売)
  • iMac Pro (すべてのモデル)
  • Mac Pro (2013 年以降に発売)

 

外部USBメモリー16GB以上が必要無いモデル

OS X El Capitan 10.11 以降をインストール済の場合に限り

  • MacBook (2015 年以降)
  • MacBook Air (2015 年以降)
  • MacBook Pro (2015 年以降)
  • iMac (2015 年以降)
  • iMac Pro (すべて)
  • Mac Pro (2013 年後期)



Windows10をダウンロード方法

MacでWindows10が使える様にインストールをする手順を説明します。

2015年モデルのMacBook Proを使用してますので外部USBメモリー16GBは使用してません。

 

マイクロソフトのWindows10ダウンロードページはこちらになります。

 

step
1

  1. マイクロソフトからWindows10のisoファイルをダウンロード作業
  2. 「エディションの選択」Windows10を選択します
  3. 「確認」をクリックします。

 

bootcamp アシスタントの説明
bootcamp アシスタントの説明

 

 

step
2

  1. 「製品の言語を選択」日本語を選択します。
  2. 「確認」をクリックします。
bootcamp アシスタントの説明

 

step
3

  1. 「32bit」か「64bit」を選択します。(これはお使いのMacのCPUで選択します。しかしBoot Campでは32bitはサポートしてないと言う情報もあります。僕は2015年以降のMacBookで64bitを選択しました。)
  2. ダウンロードが開始されます。(回線速度によっては時間が掛かります気長に待ちましょう。)
bootcamp アシスタントの説明

 

step
4

bootcamp アシスタントの説明

Macの「Finder」➞「ダウンロード」にWindows10がダウンロードされますが、クリックはしません

 

  1. 「Boot Campアシスタント」を起動します。(アプリの中にあります)
  2. 「続ける」をクリックします。
bootcamp アシスタントの説明

 

 

step
5

  1. Windowsをインストールするパーティションを分けます。(ここでMacのハードディスクの空きが最低64GB以上が必要ですが、Appleは128GBの空きの容量があれば快適に作業が行えると推奨してます。)
  2. 「インストール」をクリックします。
bootcamp アシスタントの説明

 

 

step
6

インストールが始まります。

  • かなり時間が掛かります。
  • マイクロソフトからのダウンロードをしてます。(インターネットを途中でオフにすると中断されますが、ダウンロードした途中からだと思いますが始まります。オフにせず待ちましょう。)
  • インストールが完了した自動で再起動になりWindows画面で起動します。(その後セットアップが始まります。
bootcamp アシスタントの説明

 

 

Windows10セットアップ

再起動後にWindows10のセットアップ画面に移ります。

セットアップで迷われそうな箇所の説明

注意1
  • 認証プロダクトキー画面:プロダクトキーがこの時点なくてもインストール出来ます。セットアップ完了後にも出来ます。
  • インストールの設定:Wifiの接続はプロダクトキーを認証する場合のみにして下さい。プロダクトキーがない場合「接続設定しない」を選択します。
  • Windows10はどれを選ぶ10Home?10Pro?:10Proのプロダクトキーの値段との兼合いになります。しかし自宅に使わない古いWindows7、Windows8.1等の認証プロダクトキーがあれば、お好きなバージョンが無償でインストール可能です。
bootcamp アシスタントの説明

 

 

 

注意2
  • インストール先のパーティションの選択:BOOTCAMPと最初に振り分けたGB数である事を確認して下さい。
bootcamp アシスタントの説明

 

 

 

注意3
  • 自動で再起動がこの辺りから2度程行われます。キーボードには触れないでください。
  • パスワード設定画面:何も設定しない場合はパスワード無しでWindows10が起動します。パスワードを設定するとMacと同様にパスワードを要求される設定になります。
bootcamp アシスタントの説明

 

 

 

注意4

設定は後でも可能ですが忘れそうなのでプライバシー設定をここで行うのも良いと思います。

bootcamp アシスタントの説明

 

 

注意5

ここでWindows10が起動し使える状態になってますが、デバイスドライバーのインストールがされてないので画面等が大きすぎて見辛いと思います。他の「USB,Bluetooth,Wifiといったデバイスも使用出来ません。)

最後に必ずBoot Campのインストーラーを行います

bootcamp アシスタントの説明
bootcamp アシスタントの説明

 

 

 

注意6

セットアップ画面で、認証プロダクトキーをスキップした方はここを読んで下さい。

 

step
1

  1. Wifiに接続します。右下に「地球儀」マークをクリックします。(お使いのWifiを選択します。この時ブルー画面でセットアップが始まりますがスキップでも大丈夫です。)
  2. 左下から「Windowsマーク」をクリックします。
  3. 歯車から「設定」をクリックします。
bootcamp アシスタントの説明

 

 

step
2

  1. 「更新とセキュリティ」を選択します。
  2. 「ライセンス認証」を選択します下の画面になります。

ライセンス認証されてないと下の画面の様になります。

「プロダクトキーの変更」をクリックします。

bootcamp アシスタントの説明

 

step
3

  1. お手元のプロダクトキーを入力します。
  2. 入力したら「ライセンス認証」をクリックします。(認証が始まります。)
  3. 完了すれば2枚目の画像の様に「ライセンス認証されています。」になります。
bootcamp アシスタントの説明

2枚目画像

bootcamp アシスタントの説明

これで、プロダクトキーの認証が完了できました。

 

 

注意7

このままだと、常に電源を入れるとWindowsが起動する状況になります。

必要に応じてWindowsを使用する設定は次で説明します。

 

起動時のディスクを選択する設定

このままの状態だと、Macを使いたい時には「optionキー長押し」+「電源ボタン」を押して選択しなければなりません。

ここでは常にMacを起動するディスクを設定する説明をします。

 

step
1

手順

  1. 「optionキー長押し」+「電源ボタン」(長押しはやらない)
  2. 矢印キーで「Macintosh HD」を選択してエンターキーを押します。Macが起動します。
bootcamp アシスタントの説明

 

 

step
2

  • システム環境設定」➞「起動ディスク」を起動します。
  1. 鍵マークをクリックし設定できる様に解除します。
  2. 「Macintosh HD」を選択します。
  3. 再起動でこれまで通りの電源を押したらMacが起動する様になります。
bootcamp アシスタントの説明

 

Windows10を使いたい時には「optionキー長押し」+「電源ボタン」で可能になります。

 

キーボード「ひらがな」変換は?

「英字、ひらがな」の変換キーは変わります

「caps」キーで変換の切り替えが出来ます。

 

Windows10のアンインストールのやり方

安心して下さい。

インストールができるのでアンインストールも、もちろん出来ます。

アンインストール手順

 

step
1

  1. 「Boot Campアシスタント」を起動します。
  2. 「続ける」をクリックします。
bootcamp アシスタントの説明

 

 

step
2

  1. 「復元」をクリックすればアンインストールが始まります。
bootcamp アシスタントの説明

 

OS Windows10について

冒頭でも説明しましたが、自宅に使わないWindows7、Windows8,1 どちらかのパソコンがある場合、本体裏側や側面などに認証プロダクトキーがあれば、その認証プロダクトキーで無償対象になり、Windows10・Pro/Home問わず、どちらでも選んで認証可能になりますが、一部使用不可能なPCがあります。

検証済:NEC-CFシリーズの裏にあるプロダクトキーは使用可能です。パッケージ版を使用している可能性があります。

認証プロダクトキー不可能PC:ASUS-EeeのWindows® 7 では認証出来ませんでした。DSP版が使用されてる可能性があります。

 

OSの購入時の注意事項

 

■ OSの販売方法について

OSのWindows10の販売には、一緒に(メモリーカード・フロッピー・HDD)等が一緒に販売されることがありますが、その場合の付属は使用出来ないものが多いです。

販売方法の規約があるので、一時廃止になった販売方法ですが、また復活してる可能性があります。

この販売方法じゃないと、OSの販売ができないと言う意味不明な販売方法です。

基本的にOSは、1PCにつき1つのOSのみでしか使用出来ません。

 

■パッケージ版について

自作PCや新規問わず、再インストールが可能になるので一番おすすめです。

 

■ DSP版について

新規インストールで使用可能です。記憶媒体の交換による再インストールは出来ない可能性がありますが、PC基盤、記憶媒体の交換後の再認証では、電話オペレーターにて認証番号確認が必要になる場合が多い。

DSP購入経験があり、記憶媒体の交換が数回経験があります。

電話ガイダンスオペレーターと、オペレーターの人の、2パターンで再認証コードを行った経験があります。

再認証は可能なんですが面倒な作業なので、パッケージ版が無難だと思います。

 

■OEM版について

一般的には業者向けのOSです。

通常販売されないOSですから、格安OSですがおすすめしません。

完全に自己責任です。

 

Mac製品紹介

 

「Macを買うなら…」でおなじみの、秋葉館オンラインショップ
もちろん話題のiPodも本体を含め関連商品充実!中古本体も取り扱いあり

最後に

MacにWindowsを入れる事ができるのは嬉しい限りです。

この作業は結構時間が必要です。2時間〜3時間は余裕をもって行うと良いでしょう。

 

使った感想ですが、PCに不可が掛かり重くなる状態もありません。

常に、快適にMacもWindowsも作業が行なえます。

動画編集作業は、まだ不明です。

 

ストレージの容量が足りず、BootCampアシスタントを断念してる方は、下の記事を参考にしてみて下さい。

MACの外付けハードディスクにWindows10で起動する
【MAC】Windows10を外付けSSDから起動させる方法

続きを見る

 

 

-Mac
-,

© 2020 副業ブログ運営