OS CatalinaはiTunesが使えない?ローカルミュージックはどうする?

2020年1月21日

どうも、ぽん助です

 

数週間使い、MacはiPhoneとの同期が確かに良い。

iPhoneユーザーなら是非 PCもMacがおすすめしたいと、今更ながら痛感してます。

とは言えWindowsユーザーだった僕は、今もWindows10を使いたくてMacでWindows10を使う事を覚えましたけどね。

 

今回の内容である、Mac OS 2020年現在最新OS 「Catalina」でiTunesアプリが無くなり、iPhoneと同期が出来ない様です。

最新OS 「Catalina」では、アプリ事に同期する様になります。

iPhoneと同期しようかと思ったら1000曲のローカルミュージック(自分でCDから取込んだ音楽MP3など)が消えたんですが、バックアップがあるのでこの点については気にはしませんけど。

 

数日間、ローカルミュージックをどうやったらiPhoneと同期できるか悩んでたら出来たので、その辺りを紹介していきます。

 

ローカルミュージックはミュージックアプリで同期

最新OS 「Catalina」でiTunesアプリは無くなりましたけど「ミュージック」アプリでiTunes Storeも見れます。

ローカルミュージックの取り込むには、バックアップした音楽データー(MP3など)をMacのファインアダー内(ミュージック、外付けのメモリーやSSD)などから取り込めば良い。

 

取り込む方法

データーを取り込む方法

  1. 外部メディアにバックアップした音楽データー(M P3)
  2. iCloudからのデーター同期
  3. iPhoneからの市販のメモリーを使ったバックアップデーター

データーの移動はいくつかあると思いますが

今回は1の外部メディアの解説です。

手順

  1. 外部メディアを取入れ→「Macのミュージックアプリ」を起動します。
  2. ミュージックアプリ「フィイル」→「取り込む」→「外部メディアの中にある自分のローカル音楽データー」を選択して取り込めばMacにローカル音楽データーが入ります。
  3. 次にiPhoneをMacに繋ぎ音楽データーを同期すれば、iPhoneにもローカル音楽が取り込む事が出来ます。

意外と簡単ですよね!僕はこの作業5日ほど悩み倒した。

入らねぇ!って思ってたら「取り込む」を発見したんだけど。

コレか!って感じw

 

最後に

Mac初心者の僕でも納得できる程、最新OS Catalinaは良かったと思います。

iTunesが使えないって情報だけで、最新OS Catalinaにアップデートしようか迷われてるなら、今直ぐアップデートしてみて下さい。

こちらもCHECK

RAVPower RP-PB201
RAVPower RP-PB201 レビュー MacBook Proに充電できるモバイルバッテリー

続きを見る

こちらもCHECK

RAVPower RP-PC112 61W 充電器
RAVPower RP-PC112 レビュー61W USB-C 急速充電器

続きを見る

-Mac
-,

© 2020 副業ブログ運営